恋愛工学戦士サウザーからの手紙

愛をとりもどせ‼︎

僕の名前はサウザー。

誰よりも愛深きゆえに愛を捨てた男。

 

ふむ。

 

ざっと自己紹介すると、僕は、藤沢所長が配信するメルマガ「週刊金融日記」で語られる恋愛工学という技術を学んで、どうしようもない非モテ男だった境遇を脱し、普通に女の子と気持ちを交わしてセックスできるようになった、そう言う人間だ。今はもうセックスには困っていない。

 

顧みるに、自分が非モテでどうしようもなかった時代は辛かった。

 

いや、違うな。くだらなかった。人生が。そう、くだらない。

 

真面目に生きていて、普通に仕事して稼いで、身体も健康で、頭も悪くない。

 

なのに、セックスがゼロで、連続で女の子から拒絶されると、全てが無価値に帰するような感覚になった。

 

くだらない人生だ。

 

人並みに頑張って得た生活基盤に、ほんの僅かでも恋愛とセックスがあれば、灰色の景色は吹き飛び、日々の彩りは素晴らしい物になる。

 

本当ですよ。

 

セックスが0と1では天と地の違い。

 

幸い、自分の場合は灰色の世界を抜け出すことができて、その要所となった技術や気づきを週刊金融日記へフィードバックしたところ、様々な方から感謝していただく事となった。

 

この反響は全く予想しなかったものだ。

 

更に、twitterを開始し、全国の洗練された恋愛工学戦士と連絡を取るようになった。

 

暫くはただの手すさみでツイートをしていたが、反響がありがたくて、ちゃんとメッセージを書き出すようになったら、あれよあれよとフォロワーの方々も4000人を超えるようになった。

 

プライベートで、僕が才能を認める作家のお友達のフォロワーが800人そこそこである事を鑑みるに、いつしか、僕も多少の影響力を持ってしまったらしいなと思った次第。

 

実を言うと、僕はとある別の分野で情報発信していたがそちらは芳しくなくて、ナンパしてセックスする方法を語る自分の方が圧倒的に世の中から求められている事を認めざるを得ず、最近、ようやくその葛藤を飲み込む事が出来るようになった。

 

皆様のおかげである。

 

そう言う訳なので、ブログを開設した。

 

なるべく体系的に分かりやすく「非モテを卒業して、セックスに不自由しなくなる方法」を述べて行きたい。

 

男と生まれて、モテないのは辛い。

 

性欲の充足よりも、女性に拒絶されて、踏みつけられるばかりで、肯定して貰えないのが辛いのだ。

 

モテないのは些細なボタンの掛け違いから始まっていると思う。

 

もちろん、人間、モテることが全てではないが女に困らない人生は、いいものだ。

 

僕は、読者の皆様が危機に瀕するたびに、何度でもこの言葉を贈る。

 

愛をとりもどせ‼︎