恋愛工学戦士サウザーからの手紙

愛をとりもどせ‼︎

「女が好むであろうと推量する男性像」が決定的に間違っているから。その1

詰まるところ、「ナンパしてセックスしましょうか!」と言う内容のブログである以上、初期の記事に何を書くかはそのブログの性格を語る物になる。

 

さっそく日々のナンパ報告から始まるブログがあれば、初めて街に出て声掛けしてセックス出来てしまった驚きと感動を綴るもの、自分にどう言う必然的な理由があってナンパを始めたか動機を語るもの、さまざまだ。

 

色々あるが、表題の通りとする。

 

非モテがモテない理由だな。

 

人間も所詮動物で、DNAの命ずるまま、自分の遺伝子の複製を拡散させる為に生きている。

 

 異性を獲得し、子を育てるのに、努力は惜しまないし、命すら抛つ事もある。

 

人間、と言うか生き物すべての基本設計に、上の事柄は組み込まれている。

 

「モテたい」

 

その為なら多少なり努力する。

 

それが前提として話を進める。

 

たまに全然努力せずにモテたいと言う男も見かけるけど、まあひとまずはそう言う男は置いておく。

 

非モテを観察すると、幼少期から青年期に、運動神経に恵まれてなかった奴が多い。

 

僕は幸いに運動能力が無駄に高かった方だが、やはり非モテ形成の典型的な過程を通過しており、

 

「運動しても金にならないから」

 

と学力や知略を鍛える方向性に思い切り転換している。

 

僕は、その転換は人より少し遅くて、当時21歳ぐらいだった。

 

そこから先は、恐るべき非モテ時代に突入する事になる。

 

元から運動がダメで、運動が出来ないからクラスでも目立たず、面白いトークも出来ず、イケメンでもない、小中高と女の子にもモテなくて路傍の石の如き扱いになると、

 

「勉強して良い大学に入って稼がないと、セックス出来ないんじゃないか?」

 

と言う事で、頭脳を鍛える様になる。

 

ここからはお約束通り、非モテ度が一段と強まるのである。

 

良い大学に入って有名企業に入っても、モテない。話がちげえ!ってなる。

 

ただし、こいつらは大筋で、女の求める男性像を正確にトレースするに成功しているので、少し考えを変えれば途端にモテる様になる。

 

誰しも勉強して偏差値が上がれば良いのだが、勉強に向いてない人間も居る。

 

彼らは機械いじりとかパソコンいじりとか、その他いろいろ、職人系とか技術系に向かって、やはり非モテになる。

 

この層の男は友達としてすげえいい奴が多くて、かつて僕は色々助けられたんだが、ここにいる奴らには何とかモテる様になって欲しいって願ってブログを書くし、音声配信もしようと思ってる。

 

更に、車やバイクを改造したりパソコン触るに必要な知能や意欲すらない奴が、エロゲとかアニオタとかアイドルの世界に行くんだが、まあ当然モテなくて、これはもうどうしようもない。

 

相当な荒療治が不可欠。

 

なぜだかこいつらは自分の知能はすごく高いとか思っていたりして、意味不明にプライドがあって、人を見下す発言が出るのでビックリするんだけど、こいつらは、まあいいや。

 

続く!