読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛工学戦士サウザーからの手紙

愛をとりもどせ‼︎

「その一発のセックスがお前の非モテを変える!」 キャプテン・ケーゴとの対談 その5

続き。

 

サ:あとまあ、160cm前半の50kg台は小さい。僕の見立てでは、これは不合格になる。もうちょっと付けた方がいい。僕もなんだかんだで、10kgは増やしましたからね。

ケ:10kg増ですか!

サ:そうですよ。一番やせてた頃から。

ケ:体脂肪率ってどれぐらいですか?

サ:体脂肪率は、残念ながら12%とか13%ぐらいある笑。

ケ:僕は、体脂肪率は9%です。

サ:すごいっすね。体脂肪率10%切るってすごいっすね。それやっぱ、ずっと運動してるからなんですよ。僕はしなかったっすからね。大学入って以降は特に。してないんすよ。

ケ:うーん。

サ:先日、みのくんのスゲエ身体見して貰いましたけど、やっぱ、ずっとですよね彼は、大学入ってから少しの休みはあったらしいすけど、ずっと身体鍛えてるんですよ。

ケ:ボディビルダーみたいな身体なんですか?

サ:いや、あの、バキバキで、バネというか、すごい動けそうな感じですね。これはね、やっぱ地道な積み重ねなんですよ、だからあの身体なんだし。

ケ:へええ。

サ:うーん、なんだろ、僕が、Cカップぐらいだとしたら、みのくんがFカップで、

ケ:マッキーさんは何カップ?

サ:なんかね、マッキーさんはKカップとかLカップとか、そういう感じかな。

ケ:ああそんな感じですか、マッキーさん規格外ですか。

サ:いや、でも体脂肪率一桁ですからね。これは本当に凄いですよ。実は誰よりも痩せてるんですよ。完璧な肉体で。おおおお、すげえ、みたいな。

ケ:僕はねえ、でもサッカー選手が好きで、サッカー選手体型になりたくて、

サ:しかしですね、あれなんですよ、実は、僕の筋トレの調べによると、サッカー選手の身体も、クリスチュアードなんたらの身体なんか特にですけど、ボディビルダーの身体と、あれは大きいか小さいかだけなんですよ。あれ、実は、作り方としては同じなんですよ。違わないんです。

ケ:へえそうなんですか。

サ:ボディビルダーのトレーニングをどれだけできるか。あの量を少なくすると、サッカー選手の体型になるし、究極までやればボディビルダーになるし。サッカー選手は走って燃えるから大きくならないってのがあるんですけど、ボディビルダーはサッカー選手の身体を作ろうと思ったら、けっこう楽に作るんですよ。

ケ:へえ。

サ:僕なんか、走らないぶん有利なのに、そのサッカー選手の身体すら作れない筋トレ量ですから。今はもう週3回行けないですしね。食事も、やっぱ、そこまで真剣にやらない。プロテインだけ。そこのアドバイスだけはいつも僕の耳を通り過ぎていく。頑張ってても戻っちゃう。

ケ:へええ。

サ:でも、食べないと、ほんと、いくら筋トレしても増えないし。

ケ:食欲があんま無いんですか?

サ:無い。

ケ:へええ。

サ:無いね。コーヒー飲んでる方が好き。

ケ:へえ、食に関してはちょっと変わってるんですね。食欲が無い人ってあんま居ないじゃないですか。

サ:居ないのかなあ。うーん、食欲あんま無いですよ。

ケ:食欲は僕はあるんですけど、グルメ欲はあんま無いんですけど、でも食欲は普通にありますよやっぱ。

サ:なるほどなあ。

ケ:僕の今の食事と筋トレと、もともと脂っこいもの嫌いなんで、自分の食事と筋トレのペースで今の体型が保ててるんで、それ以上をあんまり突き詰めるモチベーションがあんまり無い。

サ:僕も、そうんなんですよ。これで十分、その他大勢の男からは飛び出てるし。やっぱ、空腹で頭が冴えてるのが好きで。

ケ:もうちょっと胸筋つけたいなとか、マッキーさんみたいなね、思うんですけど。

サ:女ウケする身体って観点から考えると、やっぱベンチプレスと、あとやっぱ肩、僕も、ほんともう、元々はなで肩だったですよ。

ケ:あー。あれって、連続で20回ぐらい出来るのがちょうどいいんでしたっけ?

サ:20は多いんですよ。20は多くて、7~10です。

ケ:7~10をMAXの重さに設定するんですか。

サ:12とか15でも別に悪くはないですけど。でも20は多い。

ケ:なるほどね。

サ:ただでも生まれつきの、瞬発系の筋肉か、持久系の筋肉か、割合は、これもうその人の素質ですから。けっこうケーゴさんは、持久系の筋肉なんでしょうね、もしかしたら。

ケ:そうですね!走るのとか好きなんで!

サ:そうなんですね。

ケ:うーん。じゃあちょっと、話し戻して、この人は、うーん。

サ:この方は、うん、童貞ですしね、

ケ:とりあえず、かわいくない女の人とする、と。

サ:かわいくない人と歯を食いしばってする、って事ですかね。

ケ:で、一回するためには、そのかわいくない女の人と5人ないし10人はメシ食いに行かないといけないですよね。童貞のヒットレシオ的に。もっとかもしれない。まず慣れないと。

サ:恵比寿の店で笑、うん、たくさんメシ食わさないといけませんよね。

ケ:僕がだって、去年の1~3月とか、7連敗とかしましたからね。普通に。

サ:う…、7連敗すか…、それ、僕、嫌になっちゃいますね…。

ケ:そう7連敗。去年かな。しましたからね。

サ:7連敗は、無いなー。はああ。

ケ:僕の、それで、転機は、去年なんですけど、案件じたいは、ピックアップのブログ+アルファぐらいなんで、そんなに別にたくさんしてる訳じゃないんですけど、

サ:いや、僕はケーゴさんと比べてももっと少ないですよ!

ケ:あんまりかわいくないコと、カップリングパーティで知り合って、セックスしたんですよ。

サ:うん。

ケ:そこで、やっぱり、なんていうか、一人そう言う女性が確保できると良いですよね。

サ:うん、グッと安定しますよね。

ケ:そこから良い感じに進んで行って。だから、かわいくないコとする。

サ:やっぱね、ハンドにワンペア入ってるとやっぱ違うんですよ。最初から字牌で役ついたアンコが入ってると、違うじゃないですか。いきなりタンヤオ状態から開始とか、やっぱり、うん。

ケ:あと体重何キロって。

サ:うーん、体重。こう言う教科書的な質問に対して、教科書的に返すのは誤解産むかなと思うんですけど、僕は65kgぐらい目指してほしいって思う。でも、デブになったらだめで、しょうがないから、少しずつ筋肉付けていくって言うか。

ケ:ああ。

サ:うん。たぶん、これまで全然筋トレも運動もしてないからこの身体なんですよ。これじゃモテないですよ。女からしたらその他大勢の男ですよ。

ケ:ああ、でも、その辺はびしっと言ってあげるのが良いですよね。んで、みのさんのボディメイクサロンがあるよって紹介してあげたら。一緒に筋トレ頑張ろうぜって、言ってあげたら。

サ:そうですね、実は僕も幽霊部員ですけど笑。

ケ:僕も行こうかな笑。

サ:で、アルファメールにならなければと思って、好きなコができても、こちらからLINEをしないようにしてるんですが、女の子側も不必要にLINEをしない性格のため、と、こうありますけど笑。

ケ:うーん。難しいですね。でもとりあえず「メシ行こう」って誘うしか無いんすよね。

サ:誘うしか無い!うん。

ケ:誘って返ってこなかったらそれで終わりというか。それでいいというか。

サ:いや、でも、僕ね、これ、返ってこないと思う!この人が誘っても!スルーされる!

ケ:うん。難しいっすねー。

サ:こちらからLINEをしないようにしてるって、そうやって意識した時点でだいぶ負けてるって言うか、女の方は、たぶん彼の存在に対してなんの留意もない。いきなりメシ行こうって言われると、女はびっくり仰天して、そんな人だとは思わなかった(マジかよ超キモいわ)、つってけっこうキツイことされるでしょうけど、ま、それでいいんですよ。

ケ:うん、主導権が女にありますもんね。常に主導権は自分に持ってないと。主導権は自分で、そのフレームを受け入れるかどうかはまた相手の問題で。

サ:そうですね。これ、関係が進展しないのはLINEの内容とか駆け引きの問題じゃなくて、LINEを交換した時の男の印象とか、脈絡で決まるというか、もうそこで決まってる。これ「お前とセックスしたい」って言う、ナンパ的な脈絡で交換したんじゃないでしょ。友達か、仕事か、うん。

ケ:Aフェーズですね。

サ:お友達なんですよ。たぶん。お友達フォルダに入れられちゃってるんですよね。それか、もう、キモイフォルダ。

ケ:うんうん。

サ:そこに入っちゃうともうどうしても上がれない。うん、上がれない。男として認識されてない。最初にズバッとチャラ男フォルダに入っておけば、メシ行こうよって誘っても女の子はショック受けないし、ザオラルバルクメールすると、サクッとセックスできたりする。女もたまにセックスしたい時がありますから。

ケ:だからこの人は、まず一発すると。んで、するためには、10人のあんまりかわいくない女の子とメシに行くと。

サ:一人ぐらいセックスさせてくれるだろ、と。

ケ:そうそう笑

サ:そう言う事ですかね。んで、筋トレで身体作ったうえでメシ行こうよと誘ったら?とありますけど。

ケ:うんうん。

サ:そりゃ上手く行きますよ!うん、いや、上手く行くよ!メシ行こうよで、アポれますよね?普通に。一言で。

ケ:アポれますよ。アポれると思いますね。ただまあ、ふだんセックスしてないとダメっすね。

サ:オーラ的に。だから、まずは一発セックスしろと。

ケ:そういう事で。この質問は終わりですね。

サ:うーん、うーん、ちょっともう一つ。もう一つ言わせてもらうんですけど、アルファメールって言葉の使い方も全然違うんですよ。アルファは自分からLINEしないってありますけど、これ細かいけど、凄い間違ってる。そうじゃないんですよ。なんかこう、非モテの考えるモテ男像って意味で、アルファメールって言葉を使ってるじゃないですか。

ケ:うん。

サ:非モテの考えるモテ男像って、これ、エロゲの主人公なんですよね。手取り足取り、女がいろいろやってくれる羨しい男みたいな。非モテはそこを勘違いしてて。そうじゃないんですよ。アルファメールって。そもそもは群れのリーダーでボスで、強くてたくましくて頭が良くて、女の子を導いて守ってあげる、それで女の子に慕われる、って事なんですよ。リーダーは強いじゃないですか、だからやりたい事はやりたい、やりたくない事はやらないって言うし、メシに誘いたいから誘う、セックスしたいから口説く。自分が動く。LINEが来るのを待ってるから女から来るとか、駆け引きが上手いから上手く行くって、そういう魔法使い系の意味じゃない。

ケ:恋愛工学は魔法じゃないですからね。

サ:時間も金もかかりますよ。これから地道に努力しないと。でも、長い間、そういう間違ったもの(エロゲなりAVなり)の世界観を信じてきて、ああいう他力本願な考えだと筋トレとか女にメシ奢るとか絶対にしないじゃないですか、長い時間をかけてたるんだ身体ができて、長い時間かけて魔法にすがりたい弱い精神が出来るんですけど、そりゃあやっぱり相応の時間をかけて取り返すしかないと思います。

ケ:腹をくくらないとですね。とりあえずまずは一発しろと。

サ:創刊号からの読者は恋愛工学用語に細かいっすよ。いやー、素晴らしい質問でしたね。じゃあ、次行きましょう。