読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛工学戦士サウザーからの手紙

愛をとりもどせ‼︎

女性目線で、合コン攻略法を考えてみたぜ。

「お二人の出会いは、お友達の紹介で」

 

結婚式に出ると、たびたび耳にする慣用句である。

 

正確に言うと

 

「新郎と新婦は、合コンで連絡先交換して後日また会ってセックスした」

 

と、こうなる訳だ。

 

普通の勤め人世界では、合コンで結婚に至るケースは散見され、強力な出会いエンジンだと思う。

 

そう、合コンはかなり結婚に至るのだ。

 

男幹事の人脈によって、相手の身元がある程度担保されているメリットは余りにも大きい。

 

いいか、女ども、よく聞け、お前の美人度がモデルとかアイドルとかじゃない普通のかわいいレベルに収まるなら、そこそこ素性の良い合コンに当たったら、躊躇わずにがっつけ

 

女どうしの仲間意識は大事だが、恥とか外聞はそんなもん自分の問題だし、さっさと脱ぎ捨てちまえ。

 

並以上スペックの男が出てくる合コンの機会なんか、お前らの人生、滅多に無いことなんやぞ。

 

一部、合コンを職業にしてるマシーンみたいな女が発信するノイズが大きいから、合コンの機会なんか幾らでもあって、男をぞんざいに扱って愉快、みたいな事になってるけど、絶対にやめとけ、あれ嘘だから、エンターテイメント。

 

そこそこの企業に勤めてて金稼ぐ男は、非モテだの童貞だのとかなんのかんの言って、目端の利く女がきっちり攫って行く。

 

結果、彼らは結婚が早くて、すぐに市場から消える。

 

いいか、女ども、素性のいい男の合コンに呼ばれたら、セックスの神様に感謝して、とりあえず恥も外聞もなく突撃し、連絡先聞き出してアポれ。

 

いつも受け身で彼氏出来なくて毎日が寂しいから、道で声かけてきた男だとか、既婚者の先輩や上司みたいな奴ら(※僕たちのことだヨ)とセックスしてしまう。

 

行き着く先は、まあ、僕に言わせるなよな?

 

次。

 

女の恋愛コラムとか婚活コラムによれば、合コンでは自分の中身をアピールせよとか言うアドバイスがある。

 

それは不毛だからやめようぜ。

 

理由。合コンと言う競技じたいが人間性の深いところをアピール出来るものじゃ無いから。

 

残酷なようだけど、合コンは、見た目勝負になる。

 

パッと見た時にお前が華のある女であるか、そうでないか。

(※市場性の出会いは皆そう。クラブ、バー、街コン、お見合いパーティ、全部そう)

 

女にもプレ・セックスピリオドポスト・セックスピリオドが確固としてあり、それぞれのゲームにおいて、点の取り方はぜんぜん違う。

 

パッと見て華があるタイプの女の子は、プレ・セックスピリオド(※初回セックスするまでの期間)が有利で、入り口でなるべくたくさんの男を魅了し、その中から良さそうな奴を選ぶ、と言う戦い方になる。

 

僕もナンパに打ち込んで色んな女とセックスして来たけれど、拙い経験から言わせてもらうが、プレ・セックスピリオドが得意な「いかにもな美人」は、セックスした後に、しょうもない性格を露わにさせる事が多くある。

 

逆に、どこか野暮ったい芋洗い風の女の子の方が、意外なことに、ポスト・セックスピリオド(※セックスした後の期間)で素晴らしい実力を発揮し、がっちり男をグリップする。

 

以前の既存ちゃんに、男の人の身体をマッサージするのが楽しくて仕方がない、と言う変な性癖を持った女が居たが、僕が寝そべって本を読んでいると、スッと現れて腰とか背中を入念に揉みしだいてくれる。

 

女版マッサージルーティンを食らって、僕は情けない官能の声を漏らすだけのになった。

 

事はてて後、「いつもありがとう」と声をかけると、楽しくて仕方なくてやってるんだから、礼を言われる筋合いじゃない、みたいな意味の事を言われた。

 

このタイプの女の子は全体的な傾向として、性格が温厚で、規則正しい生活をし、部屋の中もきれいに保ってくれるし、いい意味でボーッとしていて、何より見栄を張るために無駄な贅沢をしない。

 

諸事、恩着せがましく無いのが素晴らしい。

 

一方で、合コン映えするような「美人」は、一緒に生活するとホント驚くが、夜とかさっさと寝りゃ良いのに、夜中の2時までレッグマッサージ機に当たって、そこから顔パックとかし始めて、翌朝は6時に起きて、眠いからスーパー機嫌悪くて、部屋をぐちゃぐちゃにしながら支度して、家の鍵が無いとか携帯の充電器が無いとかギャーギャーわめいて、そして嵐の様に職場にスッ飛んで行く。

 

仕事中は美人でスマートなデキる女らしい、が。

 

人間は、ある程度は平等なんだな、と思う。

 

人間を作るリソースは限られていて、要は分配の問題なのだ。

 

今こうして合コンに来て目の前で鍋食ってるブサイクな女もまた、何千年に及ぶ淘汰選別の試練をくぐり、生き抜いて来た人たちなのだ、と、僕の思索は遠く人類の歴史に駆け巡る。

 

進化生物学的な観点から言って、見た目パッとしない女の子にも、必ず、優れた点がある。

 

優れた点がなきゃ淘汰されてるはずだから。

 

惜しむらくは、その美点がセックスした後に発揮される種類のものだと、合コンでは全く見えない事だ。

 

女も自分の性格の良さは心得ているためか、必死に人間性をアピールしようと合コンの短い間に詰め込んで来る。

 

どうしても無理が生ずる。 

 

結果、破綻する。

 

気遣いがわざとらしくオーバーアクションが鬱陶しい痛い女になる。

 

「また同じメンバーで集まって今度はバーベキューやりたい!」

 

とか言っていたが、大人の男女の間にプレ・セックスピリオドを漫然と続ける時間は無く、何よりお前みたいなブサイクな女の顔をセックス無しで眺め続けるのは男にとって苦痛でしかなく、然るに、二回目のチャンスなんか無い。

 

いきなり二人で会うのは嫌だとか、友達になって徐々に親密度を上げてそれからとか、お前のその気持ちは分からぬでは無いが、女のフレンドシップ戦略一つ覚えも深刻な悪習だと思った。

 

合コン攻略法は以下の通り。

 

良いと思った男とはささっと連絡先交換して後日アポってセックスする事、なるべく早くポスト・セックスピリオドに移行して家庭的なお前が得意な土俵に男を引きずり込み、セックスしまくりつつ的確な打撃を加えてゆく事、あと合コン中は良い女アピールとかせずに普通にしとけ。

 

つまりは、この本文で前半に少し出てきた目端の利く女になれ、と言う事だな。