読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛工学戦士サウザーからの手紙

愛をとりもどせ‼︎

シンジさん収録日の昼休み漫談。その1

シンジ:これから恋愛工学生も、色んな派閥みたいなものに分かれて行くんとちゃいますのん?

スーパーサイヤ人:派閥があるような印象はパッと言われて、僕は無いような気がします。

サウザー:ないない。

ス:無いですよね。

サ:無いと言うか、いやでもどうだろう、無いと思いたいのかもしれない、かな。だって絶対人って好き嫌いあるじゃないですか。人が集まったら絶対グループ出来るじゃないですか。学校のクラス分けとおんなじですよ。どんどん勝手にグループ出来てくるものだから、人間って。

シ:ふんふん。

サ:やっぱ、それはあるんじゃないですか。恋愛工学生の中の派閥。あんま意識してないですけど。まあ、ちょっと、食べて行きましょうかね。

出前の寿司を開封。

サ:いちおう、この昼の漫談は、録音はするんですけど、音声でリリースはしないんで、好きな事喋って頂いて大丈夫です。

シ:ぜんぜん、使っていただいても大丈夫ですけど。

サ:シンジさんから、訊きたい事とかあればなんでも。是非、フリートークで。

シ:好きな寿司ネタとか?

一同、笑い。

サ:好きな寿司ネタですか?

シ:いや、冗談(笑)

全員:いただきます。

ス:こういうメンバーで寿司食うってスンゴイ不思議な感じがしますけど。

サ:写メりますか?

ジャッジ:せっかくなので、撮影しておいた方がいいですよね。

サ:おっ!ジャッジさんも、そうだ、今は声出しNGじゃないんで、どんどん喋って下さいよ。

ス:寿司の上でピースとかやりますか?

サ:ところで、スーパーサイヤ人さんは、今日の収録は、奥さんに何て言って出てきたんですか?

ス:えっとね、まだ実は(※カット)

サ:ああ、なるほど、そうなんですか。へえ。じゃあ良かったですねえ。今日なんか、僕は彼女とのアポの日で、あっ、やべーって思いましたけど、急きょダメになったつって出てきましたからね。普通に、僕んちでお留守番させてますよ。

ス:それ凄いですよね。

サ:いやもう、ぜんぜん。それってでも、ナンパの醍醐味というか、色んな女の子にアプローチかけて、それで残った女の子って言うのは、やっぱ僕のこと好きですもんね。

シ:ふーむ。

ス:彼女が、好きでいてくれるってことですか?

サ:そう。僕のこと好きですよ。

ス:それいいですね。

ジ:写真こんな感じでいいですか?

シ:ああ、ぜんぜん、いいですよ。僕あの、あれ、何て言うんですか、なんちゃらフリー。素材自由に使ってくださいみたいな。

サ:肖像権フリーですか笑

シ:著作権フリーなんで笑

サ:みなさん減量期とか大丈夫ですか。普通に、米というか、炭水化物ですけど。

ジ:まったく問題ないです。

シ:今僕32なんですけど、30ぐらいから太って来た気がしますね。

サ:へええ。

シ:僕は全然筋トレやらないですけど。ちょっと危機感がある。

ジ:筋トレしてるのがバレたみたいな話を書かれてたことがありましたよね?

シ:ああそうそう笑

サ:筋トレ始めて何が良いかって言うと、僕の場合は一貫して体重増やさないといけないんで、いくら食っても良いってことですよね。

シ:カロリーを消費するから?

サ:うんうん。ぜんぜん足りないんですよ。本当に。

ス:多少食っちゃったなーって、今までだったら翌朝腹がポンて出てたのが、筋トレある程度してから寝ると、翌日もそんなでもないですよね。

シ:僕あの、サウザーさん、もっと北斗の拳に出てきそうな感じかと思いましたよ。

サ:あっそれね、みんなに言われますよ!笑、みんなに言われる!笑

シ:世紀末じゃねえなみたいな笑

サ:ああそれで、話してみたら、やっぱりサウザーさんなんだね、って言われるかな。

ス:サウザーって言うキャラクターのイメージと、文体。イケイケおらおらだから、どうしてもそうなりますよね。

サ:いやあ、そんなつもりで書いてる訳じゃなかったはずなのに。なんだか、サウザー像が独り歩きを始めて。サウザー像独り歩き現象で、これはマズイ!って。けっこうだから、最初出て行くとき、勇気要りましたよ。そんなんじゃ無いんだーって笑

ス:声をあらかじめ聴いてたから、note買って。

サ:ありがとうございます!やっぱ実物も同じ声ですか?笑

ス:そう、同じ声。

サ:はは笑

ス:勝手に思い描いて居たよりも、もうちょっと優しい声をしてるんだなーって。

シ:そう、サウザーさんて良い声してるんだよ。良い武器なんですよ。なんか甘いんですよね、声が甘い。意外に、それがすごく機能してたりする。意識してないところで。じゅわーっと来てたりするんですよ、女が。その声で。うらやましいですね、だから。

サ:いやー、ぜんぜん思わなかってですね。なんか、声が良いって言ったら、低い声で、バリトンボイスでって思うんですけどね。

ス:マッキーさん声低くていいですよね。低音で渋いなって。


(つづく!)

 

書籍の紹介。「ザ・ミステリーメソッド」ですが、これ、実はほとんどシンジさんが文章を書いたそうです。昼休みの会話で明かされて僕は相当びっくりした。「ザ・ゲーム」よりもずいぶん分かりやすくPUAメソッドが解説されていて、恋愛工学の元ネタになってる記述もたくさんあります。ナンパの教科書としてはもっと売れてもいいと思う。